不登校や引きこもり理解のために読むべき一冊

不登校や引きこもりの当人の心情理解というのは抜けがちな視点である。そんな当人たちがいかに苦しい思いで生きてきたのかがわかる著書「学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで」と「かがみの孤城」の2冊でひも解いていく。