ブリーフサイコセラピー一覧

こころの二次災害を起こさないための愚痴をいう大切さ!?

自分の気持ちを押し殺して、聖人君主的な対応をしようと続けていると、人はこころの二次災害という状態を起こしてしまうことがあります。こころの二次災害が起きると、不安や孤独が高まり、最悪の場合死まで考えてしまいます。そのために必要な愚痴を言う大切さについて解説しています。

うまくいかないのなら何か違うことをせよ!?ソリューションフォーカストセラピー

ソリューションフォーカストセラピーという心理療法があります。これは物事の原因を探るのではなく、その解決を探るというものです。ソリューションフォーカストセラピーに3つの原則は今はやっているコロナウイルス対策にも通じるものかもしれません。

未来からのアドバイスでコロナウイルス問題を乗り切る

未来語りの心理療法と呼ばれる、アンティシペーションダイアローグというものがある。それは未来の解決した状態を想像して、そこから現代に戻り何が解決に寄与したかを考える方法。今混乱しているコロナウイルス問題にも適応できるかもしれません。

コロナが蔓延で困難な状況で陥ってしまう3つの思考

コロナウイルスの蔓延など人は困難な状況を目の当たりにすると陥っていまう思考と言うのがあります。一つは悪い自分と自分を悪者にする思考。もう一つは悪い誰かと悪者探しをする思考。この2つの思考ではなく3つ目の未来の思考へのススメです。

スポンサーリンク