孤独な気持ちを落ち着けるたった一つの方法

孤独な気持ちを落ち着けるたった一つの方法

皆さん、こんにちは。

突然ですが皆さん、最近孤独な気持ちを感じたということはありますか?3月は別れの季節だったりしますので、今まで慣れていた場所から別の場所に変わるということや、仲の良かった人との別れということを経験する人もいるかもしれません。

そこで今回はそんな別れの時期に是非とも皆さんに知っていて欲しい、誰しも抱えてしまうことのあるであろう孤独な気持ちを落ち着けるたった一つの方法について埼玉県さいたま市でカウンセリングを行う臨床心理士・公認心理師の筆者が、お話したいと思います。

今回ご紹介するのは、アドラー心理学の考え方を元にして孤独な気持ちを解放するための方法をお話いたします。旅立ちや巣立ちなどを経験して孤独感を感じていて落ち着かにという方や、あなたの周りに孤独感を感じていて寂しい気持ちを抱えている方がいたら是非、聞いてもらいたいお話になっています。

そもそも孤独な気持ちとは!?

孤独な気持ちと言われるとどういう言うものかわかるという人も多いかと思いますが、まず始めに、孤独な気持ちについてどのような状態かどのようなメカニズムで起こるのかというのを見ていきたいと思います。

孤独とは、自分に不安を感じ、自分の居場所が不確かで、周りからの信頼感を得られない時に生じる感情のことを言います。

孤独は、例えば一つのグループにのみしか所属しておらず、そこのグループでうまくいっていないなどという時、今まで安定したグループに所属していたがそこから卒業して別のところに行く時などに生じることです。

皆さんにも学校と家、職場と家、というように所属するグループが少なく、そのグループが自分に合わない時に孤独感を感じたという方もいるのではないでしょうか。もしくは、家にずっといることで誰とも関りを持たずに居ると孤独感を感じたという方もいるかもしれません。

そんな孤独感を感じていると、自分以外の人が楽しくしていたり、仲良くしたいたりすると、それが妙に気になるかもしれません。一旦孤独感を感じてしまうと、周りがみんな敵だと感じてしまったり、自分が一人で誰もいないと感じてしまったり、相手と気軽に話ができなくなってしまうかもしれません。

そんな孤独感は実は、長続きしない一時的な感情だと言われています。あまり気にし過ぎずに、孤独感を大きくさせないことが大切であると言われています。大きくさせないための方法をこの後お話していきたいと思います。

孤独な気持ちの原因とは!?

では、次にこのような孤独な気持ちがやってくるのは、どのような原因によって生じるのか見ていきたいと思います。孤独感は以下の3つの要因の欠如によって生じるとされています。

①信頼感の欠如

信頼感の欠如という、誰からも信じてもらえないと思うと孤独感は大きくなると言われています。

②居場所の欠如

居場所の欠如という、心から安らげる場所を失うと孤独感は大きくなると言われています。

③安心感の欠如

安心感の欠如という、不安から頭が離れない状態になると孤独感は大きくなると言われています。

この3つの信頼感、居場所、安心感の感情が欠如すると孤独感を感じたり、気にしてしまうと孤独感が増大します。これらの気持ちに対処することが大切になっていきます。

孤独な気持ちを落ち着けるたった一つの方法

近年、話題になっているアドラー心理学を作ったA.アドラーの考えから、孤独感な気持ちを落ち着けるたった一つの方法をご紹介しておきたいと思います。孤独感から抜け出したいときは、自分の所属するグループに貢献する他者貢献が大切であるとアドラーは言いました。

例えば、周りの人が今がんばってやっていることを自分も頑張ってみることで、貢献をしていることになります。具体的な成果が目に見えなくても、仲間意識を持って同じ目標に向かうことが、気持ちのうえで、周りの人の役割に立ち、他者貢献になるのです。

周りの人々の役に立てていることは、すなわち人々と一体になっていることを意味し、これはもはや孤独とは言えない状態と言えるのではないでしょうか。そしてあなたが何か貢献をしてから、誰かに「ありがとう」「助かる」と感謝の言葉をかけられるとより他者貢献を感じることでしょう。

つまり、誰かから「ありがとう」「助かる」「嬉しい」と思われるようなことをすることで孤独感から解放されていき、感謝の気持ちから自分は幸福感を得ることができるのです。他者貢献する場所がないという方もいるかもしれません。その場合はまずは他者貢献をできる場所を探せると良いでしょう。

家や仕事、学校以外の場所があるといいかもしれません。趣味のグループを見つけてみたり、新たな活動の場所を探してみるのもいいかもしれません。もしかすると今はなかなか趣味のグループをオフラインで見つけるのは難しいかもしれません。そんなときはオンラインでも趣味などのグループを見つけるのもいいかもしれません。

オンラインサロンのような同じような考えをもった人のグループに所属してみるのも孤独感を薄くする方法としては、いいかもしれません。一番は、そんなオンラインサロンでの他者貢献を何かできることが孤独感を解消して、幸福感を高めることにつながります。

なかなかリアルでのつながりが難しく、孤独感を感じてしまいガチだからこそ、上手にオンラインなども活用して、孤独感を落ち着けることができるかもしれませんので、是非、探してみて貢献してみて下さい。

孤独感を落ち着けるたった一つの方法のまとめ

今回は、埼玉県さいたま市東浦和でほんだカウンセリングオフィスを営む、心の専門家である臨床心理士・公認心理師である筆者が、孤独感を解消して幸福感を持つ方法をアドラー心理学の他者貢献という考え方を元にご紹介いたしました。

今回のお話で、自分の所属できるところ見つけてそこに貢献するという方法は、孤独感に苦しんでいる人の何かヒントになるのではないでしょうか。そんな所属できる場所が探すところから始めてみて下さい。

今回のような方法でも、なかなか孤独感が少なくならない、解放されないという方は、専門家と一緒に考えるのも一つの手かもしれません。そんな時は是非、当カウンセリングオフィスのカウンセリングをご利用してみて下さい。

埼玉県さいたま市緑区のJR武蔵野線東浦和駅徒歩1分にあるほんだカウンセリングオフィスのカウンセリングお申込みページです。臨床心理士・公認心理師による対面カウンセリング、訪問カウンセリング、オンラインカウンセリング、書くカウンセリングを行っています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする