コロナ疲れに負けない簡単リラックス法

手軽なリラックス方法

皆さん、こんにちは。

月曜日の夜をいかがお過ごしでしょうか。

月曜日の夜というと気持ち的に憂うつで疲れてしまっている方も多いかもしれません。

また、コロナウィルス問題は引き続き続き、コロナ疲れという人も多いかもしれません。

コロナウィルス問題で知らず知らずにストレスが溜まっている人が多くいるかもしれません。

今回は、そんなコロナ疲れやコロナストレスに効く、簡単なリラックス方法をご紹介したいと思います。

皆さんも今回ご紹介するセルフケアのリラックス方法で疲れやストレスを解消してみて下さい。

リラックス呼吸方法

呼吸法によってリラックス効果を得ることができます。

以下の手順によって、自律神経が整い、気持ちを整えることができます。

①楽な姿勢でまっすぐ腰をかけます。目は閉じたままでも大丈夫です。

②楽に気持ちよく腹式呼吸で深呼吸をします。

③鼻から吸って、口からゆっくりと吐きます。

④もう一度、3秒で吸って、少し止めて、7秒かけて吐き切ります。

⑤吐くともう一度自然に息が入ってきます。

⑥もう一度、楽に気持ちよく深呼吸します。

⑦息を吐くときに、身体の疲れや心のイライラなども一緒に吐き出すイメージで、ゆっくりと吐き出します。

⑧1分程、自分のペースで続けます。

⑨1分ほどしたら、全身でウーンと伸びをします。適当に首や肩を回したり、足を動かしたら終わりです。

肩のリラックス方法

次に紹介するのが、肩のリラックス方法についてです。

以下の手順で肩こりや肩のこわばりが取れ、リラックスした状態になります。

①椅子に座った状態で、肩をまっすぐ上にあげます。その時に、背中が丸くならないように注意します。

②ちょっときついなというところまであげたら、ゆっくり5を数えます。この時に息を止めないで、ゆっくり呼吸します。

③その後、ゆっくり10を数えながら、肩を下ろしていきます。

④肩を下ろしたら、しばらくそのままで、力が緩んだ状態を味わいます。これを2〜3回ほど行います。

セルフケアのまとめ

今回紹介した呼吸法と肩のリラックス法はどちらも簡単に実施することができる手軽なセルフケアの方法でした。

これ以外にも、皆さん独自に例えば、半身浴や瞑想をしたり、散歩をしたりというリラックス法がある人は、これらも同時に行えるといいでしょう。

コロナウイルス疲れやコロナウイルスのストレスには、これらのセルフケアを組み合わせながら乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする