コロナ疲れを癒すアクティブレストとは!?

アクティブレストでコロナ疲れを癒す

皆さん、火曜日の夜をいかがお過ごしでしょうか。

連日、コロナウイルス関連のニュースばかりで、気が滅入ってしまいますよね。

コロナウイルス関係のニュース自体見ることも、実は多くのストレスがかかっている場合のあるので、情報収集は適度な方がいいでしょう。

今回は、そんなコロナ疲れが見えてきた皆さんに使える、アクティブレスト(積極的休養)という方法をご紹介したいと思います。

アクティブレストとは

アクティブレストとはどのようなものかを説明から行っていきたいと思います。

人にとって、休息とは大変重要なものとされています。

一般的に休息させるというと、睡眠をとって回復するという方法です。

しかし、今回ご紹介するアクティブレストとは、適度に活動させることによって疲労を回復していくという方法のことです。

具体的には、一定のリズムのある行動をしたり、軽めの有酸素運動を行うという方法です。

そのような、適度な活動によって、疲労やストレスを解消しようというのが、アクティブレストです。

じっと一日中寝ていた時よりも、少し動て適度な運動をした時の方が、あまり疲れていないという経験はないでしょうか。

これが実はアクティブレストが実践できている状態と言えるのです。

今回はこんなアクティブレストの状態を作れる4つの方法をご紹介したいと思います。

①フィジカルレスト

身体に意識を集中させる方法のことです。

具体的にには、呼吸法やヨガ、足湯や半身浴などがこれにあたります。

②メンタルレスト

精神に意識を集中させる方法のことです。

具体的には、音楽にリズムを合わせて動くダンス、リズミカルな呼吸法やヨガ、ストレッチ、ウォーキングなどがこれにあたります。

③ソーシャルレスト

交流やつながりを用いる方法のことです。

信頼のおける友人や家族との会話や交流、電話や散歩などがこれにあたります。

④スピリチュアルレスト

祈りと瞑想による方法のことです。

短時間のお祈りや読経、マインドフルネス瞑想などがこれにあたります。

アクティブレストのまとめ

今回ご紹介した、4つの方法がアクティブレストの主なものとされています。

十分な睡眠や食事等で、疲労がたまらずに過ごせる状態が一番いい状態です。

しかし、忙しかったり、自分ではコントロールできないコロナウイルスのようなものでの蓄積されていったストレスや疲れというものがあります。

そのようなストレや疲れへの対処方法として、今回ご紹介したアクティブレストを使ってみてはどうでしょうか。

簡単な瞑想やストレッチ、友達との会話など、まずはできそうな部分から取り組んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする