隠れている自分がわかる家でも簡単にできる方法!?20答法

皆さんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今日は隠れた自分を自分に教えてもらう方法をご紹介いたします。

自己分析の方法にアメリカの心理学者のクーニとマックパーランドが開発した20答法という方法があります。

どんなものかというと、「私は~」で始まる文章を20文完成させるという方法です。

具体的には「私は男性だ。」「私は32歳だ。」「私は東京に住んでいる。」というように文章を完成させていきます。

制限時間は5分~10分程度で、当然ですが正解はありません。

みなさんもよかったらやってみてください。

最初の数個はすぐに答えがでてきますが。

10個を超えるあたりから答えることが難しくなり、20個目に達成するころにはどうなるか。

多くは自分でも思ってみなかった性格や悩み、こだわり、願望などが顔をのぞかせてきます。

このテストでは、回答の前半程、自身の所属など外枠的な部分が書かれることが多く、回答の後半程、自身の無意識的な内面が記述されると言われています。



この方法は自己内省を高め、自分の気持ちの整理がついたり、新たな気持ち気付くことができるとも言われています。

前田裕二のメモの魔力の著書でも、後半に自分自身と向き合うための問いが100問付録としてあり、自身に向きあい書くことの大切さを解説しています。

また、最近ではメンタリストのDaigoさんも自己分析法としておすすめしています。

皆さんも時間のある際にこの20答法で、自分自身に向き合って、新たな自分を発見してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする