仕事からプライベートに上手に切り替えができない人に切り替え方7つ|在宅ワークの人必見!

仕事からプライベートに上手に切り替えるための7つの工夫!?

皆さん、こんにちは。

突然ですが、皆さん、仕事とプライベートに上手に切り替えられていますか?上手に切り替えられているという人も居れば、実はあまり切り替えられていなくて、プライベートでも仕事のこと考えてしまっているという方もいたりします。

実はこんな感じの仕事とプライベートを切り替えられないという相談が特に増えていたりします。それは、コロナウイルスの関係で在宅ワークやリモートワークが増えた結果、仕事とプライベートの切り替えができないという相談を多く受けます。

そこで、今回は、仕事とプライベートを上手に切り替えるための7つの工夫について、埼玉県さいたま市に東浦和駅徒歩1分でカウンセリング行う臨床心理士・公認心理師の筆者が皆さんにご紹介させて頂きたいと思います。

仕事とプライベートの切り替えチェック

まず始めに皆さんが仕事とプライベートをどのくらい分けられているのか確認したいと思います。仕事とプライベートを皆さんどれくらい分けられているでしょうか。以下から自分の当てはまるものはどれでしょうか。皆さんの残業時間や脳内残業時間はどの程度でしょうか。

①残業が月に80時間未満で、プライベートでは仕事のことをあまり考えない=青信号

プライベートに仕事の負担は影響しておらず、このままの生活スタイルで過ごしていけると良いでしょう。

②残業が月に80時間未満だが、プライベートでも仕事のことを考えていることが多い=黄色信号

仕事とプライベートを分けるための工夫をすることが必要といえるかもしれませんので、是非今回ご紹介する方法を参考にしてみて下さい。

③残業が月に80時間以上=赤信号

一日のほとんどを仕事に費やしていると言えますので、働き方を考える必要があるでしょう。今回の方法に加えて、可能であれば働き方も見直しが必要かもしれません。

今回は、特に②の黄色信号状態の人に是非参考にして欲しい7つの工夫になります。①の青信号の人も必要であったら参考にしてもらえたらよいでしょう。③の赤信号の人は、今回の工夫よりもまずは仕事量の調整が一番大切になりますので、そちらをどうにかするところから始めてみて下さい。

仕事とプライベートを切り替える方法7つ

それでは仕事とプライベートを切り替えるための7つの工夫について見ていきたいと思います。すべての方法を実践してもらってもいいですし、取り組んでみようと思うものからやってもらってもいいでしょう。

①仕事の成果を振り返る

その日の仕事を振り返って、何をできていたのか、何をできているのかを確認してみるところから始めます。その際に大切なのが、その時に行った成果や出来たところを確認できると、翌日の以降のやる気が湧いてくることが多いかもしれません。また、成果を確認することで、一つの仕事の区切れ目ができるためにプライベートへ持ち込まずに済むでしょう。

②仕事の全体像を確認してみる

仕事に追われていると目の前のことをこなしていくことで終わってしまうということも少なくありません。そうなると切迫感があり落ち着いて仕事ができないことが多くあります。仕事の全体像ややることリストを確認しながら行っていけると良いでしょう。全体像を確認することで、仕事と適切な距離を取ることができるでしょう。

③翌日の仕事のプランをイメージする

翌日の仕事でどのようなことをするのかというのを大まかにイメージをしておきます。細かく何時に何をするというプランを立ててしまうと時間がかかってしまいますので、最低限のやることを頭の中でイメージしておきます。優先順位を大まかに付けておくというだけでも良いでしょう。このようにすることで、翌朝安心して仕事に臨めるためにプライベートへも安心して切り替えられるでしょう。

④翌日出社したら何から取り組むかのメモを残す

退社したら仕事のことを考えないためには、次の日来た時に前日の頭をすぐに取り戻せるためにメモを残しておくというものです。先に挙げたやることリストのメモを残しておくことによって、素早く仕事に取り組めて能率も上がるかもしれません。書くことによって仕事と距離が取れて、プライベートに丁度よく迎えるかもしれません。また、これも先ほど同様に翌朝安心して仕事に臨むことができますし、プライベートに仕事を持ち越さない工夫でしょう。

⑤自分のディスクを整理しておく

仕事はその日ごとにリセットしておくことが大切です。次の朝一番で使うからと言ってそのままディスクの上に出しておくことは、頭の中に残すことにつながります。机の周りを整頓して、出社した時と同じ状態に戻すことで、気持ちのリセットにつながります。気持ちをリセットすることによってプライベートに入りやくなります。

⑥退社時に「明日、出社するまで仕事のことを考えない」と心の中で念じる

自分にこのように言い聞かせるというのが実は大切だったりします。一種のおまじないのようなものです。自分の意思を言葉にすることによって実際にそのようになると言われています。退社後に仕事のことを考えてしまう背景には、仕事に対する不安が隠れていたりします。このように念じることによって不安が少し軽くなるでしょうし、自分に言い聞かせることによってすんなりプライベートに入っていけるかもしれません。

⑦プライベートの時間を充実させる

プライベートを充実させることによって、プライベート中に別の仕事のことを考えてしまうということを減らすことができます。例えば、ジムに行って身体を動かしたり、家で好きな動画を見たりなど、時間を自分の好きなことで使えると良いでしょう。プライベートの時間を上手に使えないと、つい仕事について考えてしまったりしてしまいます。在宅勤務などで浮いた時間をどう使うかをいろいろ考えて置けると良いでしょう。

このような7つの工夫をすることで、仕事とプライベートの時間を上手に分けることができるかもしれません。仕事とプライベートの切り替えがうまくいけば、実はプライベートの充実はもちろんのこと、仕事の能率もあがると言われています。このようなちょっとした工夫で、上手に仕事とプライベートを分けてみてはどうでしょうか。

仕事とプライベートを上手に切り替える工夫まとめ

今回は、埼玉県さいたま市緑区東浦和でカウンセリングを行う心の専門家である臨床心理士・公認心理師である筆者が、在宅勤務の増加で多くなっている仕事とプライベートを分けられなくなっているという人に対して、仕事とプライベートを分けるための7つの工夫をご紹介いたしました。

今回の方法を参考に、上手に仕事とプライベートを分けることによって、仕事とプライベートをより充実したものにしてもらえたら幸いです。是非今回の方法を参考によい仕事とプライベート時間を過ごしてみて下さい。

今回のお話に関する何か疑問や質問がありましたらコメント欄までどうぞお願いします。また、今回の方法を試みても上手に仕事とプライベートを分けることができないなど、何かお悩みのことがありましたら、是非当カウンセリングオフィスのカウンセリングをご利用下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする