コロナウイルスが広がり不安な時に心を落ち着かせる4つの方法

不安な心を落ち着かせる方法

皆さん、こんにちは。

日曜日の夜をいかがお過ごしでしょうか。

コロナウイルスの広がりを見せて、不安を覚えている方も多いかもしれません。

コロナウイルスへの対策としては、ニュース等で言われています。

しかし、今このような状況を乗り切るための気持ちの整え方についてはなかなか情報がなかったりしますよね。

その結果不安が募り、マスクやトイレットペーパー、生理用品を含めた買い占めが起こっていたりします。

今回は、そんな不安な気持ちから心を落ち着かせる比較的簡単な方法を4つ皆さんにご紹介したいと思います。

休校中のお子さんと一緒にやってみるというのも良いかもしれません。

①ゆっくりと呼吸をする

静かに息を深く吸い、その後静かに息を吐きます。

ゆっくりと呼吸をすることで、身体がリラックスして心が落ち着けることができます。

さらに、呼吸に集中するというのは、今と向き合う作業なので、先のことの不安を考えないことができます。

②いい匂いを嗅ぐ

花や果物、石けん、アロマなど、好きな匂いを嗅ぎます。

いい匂いを嗅ぐと、気持ちが元気になったり、幸せな気分になったりします。

また、何か幸せな記憶と関連する匂いを嗅ぐと、その記憶も蘇ると言われています。

③安心するものを触る

ペットやぬいぐるみ、毛布にくるまったり、安心できる誰かと手を繋いだりします。

人は柔らかさや温かさを感じると安心できると言われています。

安心できるものを触ることによって、オキシトシンという幸せホルモンが出ると言われています。

④美味しいものを食べる

いつもよりよく噛んで口の中の食べ物を味わいを感じます。

美味しいものを食べると元気が自然とやって来ます。

また、噛むという反復行動によってセロトニンという心の安定に寄与するホルモンが出ると言われています。

心の安定をはかる

いかがだったでしょうか。

以上の4つの方法が心の安定をはかり、心を落ち着かせる方法でした。

これら4つの方法は、自身の五感の多くを使うもので、マインドフルネスなどの瞑想にも通じるような活動でした。

もしあなたが不安な最中に居るとしたら、上記の方法と一緒に、例えば誰かとその不安を分かち合うというのは、実はとても大切なことです。

誰か不安を分かち合いながら、4つの方法を一緒するのが最も効果的です。

この国難とも言えるコロナウイルスの広がりの状態を止めるべく、落ち着いた対応が出来るように、心を含めて整えておけるいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする