日々の生活の中で実践できる食事とお風呂のマインドフルネス

日々の生活の中でできる2つのマインドフルネス

皆さん、こんにちは。

皆さん、最近体のと心の調子を含めていかかでしょうか?あまり良くないという方に、日々の生活の中で実践して欲しい、そんな心と身体を整える方法についてご紹介していきたいと思います。

今回は、心と身体を整えるおすすめ方法としてマインドフルネスという瞑想方法の中から、マインドフルネス・イーティングとお風呂で行うマインドフルネスという方法を皆さんにお話していきたいと思います。

日々の生活の中で身体と心の調子を良くしていきたいという方は、日々の食事の時間やお風呂タイムで実践できるものをご紹介しますので、是非実践してみて下さい。

そもそもマインドフルネスとは!?

まずは簡単にマインドフルネスというものについて解説しておきたいと思います。マインドフルネスとは、自らの体験(現在の環境や自分自身の反応)に、まさに今この瞬間、リアルタイムに気付きをむけて、評価や判断を加えずにそのまま、受けとめて、味わい、手放すという瞑想がモデルになった心理療法です。

大切な点としては、今この瞬間に意識を向けるという点と、判断や評価を加えないで手放すという点ですこんなマインドフルネスを行うと、心身ともリフレッシュでき、幸福感を感じられたり、集中力がアップしたり、免疫がアップしたり、といった効果があると言われています。

今回注目していきたいのは、マインドフルネス瞑想の心身のリフレッシュと免疫力UPという部分に関してです。心身のリフレッシュは、ごちゃごちゃしていた頭がすっきりすることによって無用なストレスから解放され、また、身体の力が心地よく抜けることによって起こるとされています。

また、免疫力UPということに関しては、免疫力の低下はストレスが大きく関わっていると言われています。マインドフルネス瞑想は、このストレスを軽減する効果から結果として、免疫力UPにつながっていくということです。

こんなマインドフルネス瞑想のうち、日々の生活の中で実施できる食べるマインドフルネスであるマインドフルネス・イーティングというものと、お風呂で行うマインドフルネスについてご紹介していきたいと思います。

マインドフルネス・イーティングとは!?

今回は、ストレスも軽減でき、食べすぎも抑えられるかもしれない、マインドフル・イーティングという方法をまずは、ご紹介したいと思います。私たちがものを食べる時に味わうという行為は、実は口の中に限ったものだけではありません。目で料理を楽しみ、時には音を聞き、鼻でにおいをかいで、手で感触を味わうこともあるかもしれません。このように食べるという行為は五感を使って味わう行為ということができるのです。

時にじっくり観察しながら食べてみると、普段食べているものの、見逃している側面に気が付くかもしれません。このように五感を使って注意深く食事をとるというのが、マインドフル・イーティングと言います。イメージとしては、孤独のグルメの松重豊さんのようなイメージがマインドフル・イーティングでしょうか。

実際に行った人の多くが、いつもの半分くらいでお腹がいっぱいになるなどの感覚や気づきを得られるようです。また、人によっては空腹時のイライラやストレスからお腹いっぱい食べるということを防ぐことができると言われています。それでは実際のマインドフル・イーティングの方法について見ていきましょう。

①目の前の料理をじっくり観察して、目で味わいます

まず始めは目の前の料理をじっくりと観察して、目で味わっていきます。料理の色合いやツヤ、器とのコントラスト、湯気の立ち具合いまで細部まで観察します。

②箸やスプーンで取り上げて、匂いを感じてみます

次に、箸やスプーンで取り上げて、自分の鼻の近くに持っていくことで、匂いを感じとってみます。匂いの成分の中にどんなものがまざっているのか、持ち上げたときの重みや素材の感じも味わいます。

③いよいよ口に含んでいきます

目で味わい、匂いを味わったら、いよいよついて口の中に含んでいきます。すぐには噛まずに、舌触りや口の中で広がる味、鼻に抜けるかすかな香りを楽しんでいきます。

④ゆっくりと噛み始めて、あふれる味わいを感じていきます

ゆっくりと噛み始めてみたり、口の中にあふれる味わいを感じていきます。その際の触感や噛んでいく度の変化、音などにも集中して楽しみます。

⑤匂いや音、味の変化を感じながら、噛み進めます

さらに口の中の広がる匂いやそこから伝わる音、噛み進めることによって変化する味について感じていきます。噛み進めながら喉を通過する感覚と共に一口を終えます。

このような流れで、丁寧に五感を使って食べ物を味わっていくというのがマインドフルネス・イーティングという方法です。

お風呂でのマインドフルネス

次にお風呂のでのマインドフルネスについてお話していきたいと思います。お風呂というリラックスタイムをより効果的に過ごすことができるかもしれないものですので、以下の手順にそって実践してみて下さい。

①呼吸を整える

マインドフルネスにおいて呼吸というのは、実はとても重要なものと言われています。呼吸に集中するだけでも十分にマインドフルネスの効果があるといわれるほどです。息を吸って、息を吐くということに集中するというのが呼吸を整えるということです。

②服を脱ぐ身体感覚を味わう

お風呂に入る脱衣所からお風呂のマインドフルネスはスタートします。一番最初に味わうのは、服を脱ぐ感覚に関してです。体を締め付けていた服が徐々に自分から離れていく感覚を味わいます。また、同時に裸になり体全体に感じる空気の感じも味わいます。

③お風呂場のにおいを感じる

おすすめは入浴剤を入れて入浴することです。入浴剤を入れることでお風呂場にいつもとは違うにおいが漂うことでしょう。そんないつもとは違う入浴剤のにおいを感じて味わいます。においとともにお風呂の蒸気の感じも味わえると良いでしょう。

④お湯の感じを味わう

お風呂に浸かったら、お湯の感じを味わいます。お湯の温度を皮膚から感じて熱さを味わいます。お湯につかりながら、再び呼吸に集中してみて、息を吸う、息を吐くというのを繰り返してみるといいでしょう。その際に頭に浮かぶ雑念は、無理に消そうとせずに浮かんだなと思ったら静かに呼吸に意識を戻せるといいでしょう。また、お湯のかすかな音も感じれると良いでしょう。

⑤シャンプーやボディソープのにおいと洗う感じを味わう

シャンプーやボディソープも入浴剤と比べると違うかもしれません。その違うにおいもまた味わえると良いでしょう。また、シャンプーをして洗っている指や頭の感覚であったり、泡立てて体を洗う感じを味わっていきます。

⑥シャワーの流す感覚と音を味わう

身体についた泡をシャワーで洗い流すときの感覚も味わいます。まずはシャワーが出てくる音を聞いていき、そのシャワーが体に当たる感覚も一緒に味わっていきます。心地よいなと思いえるところに少し長くシャワーを当てて味わってみるのもいいかもしれません。

⑦体をふく感じも味わる

お風呂場を出たら脱衣所で体をふく感じも味わっていきます。体をふくタオルのにおいであったり、そのタオルの肌触りに至るまで感じていきます。そして、服を着たら再び呼吸に集中して、息を吸って、息を吐いて、心が整った感じを味わいます。

このような流れで行っていくのがお風呂のマインドフルネスです。お風呂に入りながら丁寧に自分の五感をフルに使っていくという方法です。何か雑念が浮かびそうになったら、いつでも①の方法で呼吸に意識を持っていき整えていきます。

このように丁寧にお風呂でマインドフルネスをしてみると、頭がすっきりして、いつもよりも体がリラックスした状態になることができます。毎日やるのは大変かもしれませんので、心身ともに浸かれてしまっていて、少し時間のある時にやってもらえると良いでしょう。

2つのマインドフルネスのまとめ

今回は、さいたま市東浦和でほんだカウンセリングオフィスを営む、心の専門家である臨床心理士・公認心理士の筆者が、マインドフル・イーティングと、お風呂でできるマインドフルネスという2つのマインドフルネスについてお話いたしました。

今回の方法は、なかなか時間の取れないというそんな方でも実践できるものを用意たしましたので、日々のお食事時間であったり、お風呂タイムに実践してみて、心身のリラックスをして、普段使いすぎてしまっている頭を休める時間としてみてください。

今回のお話に関する質問や感想はコメント欄までお願いします。また、当カウンセリングオフィスのカウンセリングをご希望の方は、お申込みページまでお進みください。

埼玉県さいたま市緑区のJR武蔵野線東浦和駅徒歩1分にあるほんだカウンセリングオフィスのカウンセリングお申込みページです。臨床心理士・公認心理師による対面カウンセリング、訪問カウンセリング、オンラインカウンセリング、書くカウンセリングを行っています。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする