ライフイベントにおけるストレスが人に及ぼす影響の順位とその対策!?

ライフイベントにおけるストレスが人に及ぼす影響の順位!?

皆さん、こんにちは。

皆さん今どの程度ストレスを抱えているでしょうか?ストレスを全く抱えていないという人はきっと誰も居ないでしょう。

今回は、様々あるライフイベントにおけるストレスの順位を調べた研究についてお話したいと思います。実は一般的にポジティブとされるようなこともストレスの値が高かったりします。

もしかするとあなたが直面しているポジティブライフイベントも実はストレスが高かったりするかもしれませんので、この機会に確認してみて下さい。

ホームズとレイのライフイベントのストレス評価

ライフイベントとは、人が経験する生活や環境の変化や出来事のことです。お正月やひなまつり、七夕、夏祭り、ハロウィーン、クリスマスなど一年のうちであるポジティブなイベントや、結婚や出産などの一生のうちのポジティブなイベント、死別や仕事を首になるなど一生のうちのネガティブなイベントなどのことです。

アメリカの心理学者のホームズ&レイはこれらのライフイベントを評価して、ストレス度を評価しました。43のライフイベントをあげて、376人を対象に調査を行いました。結婚というライフイベントを50として他のライフイベントを評価してもらいました。

1位  配偶者の死(100)

2位  離婚(73)

3位  別居(65)

4位  拘留(63)

5位  親密な家族の死(63)

6位  病気、怪我(53)

7位  結婚(50)

8位  失業(47)

9位  夫婦の和解(45)

10位 退職(45)

11位 家族が健康を害す(44)

12位 妊娠(40)

13位 性の問題(39)

14位 家族が加わる(39)

15位 転職(39)

16位 経済状況の変化(38)

17位 親友の死(37)

18位 仕事の移動(36)

19位 配偶者との口論(35)

20位 百万円以上の借金(31)

21位 相続問題(30)

22位 仕事上の責任変化(29)

23位 子供が家を離れる(29)

24位 親戚トラブル(29)

25位 業績の悪化(28)

26位 配偶者の転職(26)

27位 始業式(26)

28位 生活の変化(25)

29位 習慣変化(24)

30位 職場トラブル(23)

31位 仕事上の状況が変わる(20)

32位 住居が変わる(20)

33位 学校が変わる(20)

34位 レクリエーションの変化(19)

35位 教会活動の変化(19)

36位 社会活動の変化(18)

37位 百万円以下の借金(17)

38位 睡眠習慣の変化(16)

39位 家族団らんの回数の変化(15)

40位 食習慣の変化(15)

41位 休暇(13)

42位 クリスマス(12)

43位 ちょっとした違反行為(11)

このランキングで驚くべきこととしては、ポジティブと言えるようなライフイベントであってもストレスを感じるということです。

休暇やクリスマスなどもストレスとして感じるということは驚くべきことではないでしょうか。つまり、基本的にどのようなことをしていてもストレスを感じると言っても良いでしょう。そんなストレスを対処するための方法もご紹介しておきたいと思います。

ストレスを少しだけ楽にする方法!?

ストレスの程度がわかったところで、そんなストレスを少しだけ楽にする方法についてお話したいと思います。

①ゆっくりとしてみる

「テレビを見てみる」「映画を見てみる」「DVDを見てみる」「本を読んでみる」「漫画を読んでみる」「雑誌を読んでみる」「ネットをしてみる」「SNSをしてみる」「二度寝をしてみる」「お菓子を食べてごろごろしてみる」などゆっくりとだらだら過ごしてみるという方法です。

②好きなことをしてみる

「サーフィン」「釣り」「サイクリング」「ランニング」「スキー」「スノボー」「お絵描き」「編み物」「写真を撮る」「楽器を演奏する」「俳句を書く」「プラモデルを作る」「カフェを巡る」「神社仏閣を巡る」「美術館や博物館を巡る」「囲碁や将棋をする」「折り紙や工作をする」など自分の好きなことをしてみるという方法です。

③身体を動かしてみる

「散歩」「ウォーキング」「ランニング」「サイクリング」「筋トレ」「ストレッチ」「ヨガ」「ダンス」「ラジオ体操」「スクワット」「腹筋」「水泳」「ジムに行く」「Youtubeのトレーニング動画をやる」など身体を実際にいろいろと動かしてみるという方法です。

④誰かとつながってみる

「友達と話に話を聞いてもらう」「誰かと一緒に居てもらう」「家族とたわいもない話をする」「職場の人と世間話をする」「ランチや飲みに誘う」「SNSで誰かと交流する」「専門家に話に行く」など誰か人とつながるという方法です。

ライフイベントにおけるストレスが人に及ぼす影響のまとめ

今回は、心の専門家である臨床心理士・公認心理師である筆者が、ライフイベントにおけるストレスが人に及ぼす影響の順位をご紹介した上で、簡単にできるストレス対処方法をご紹介いたしました。

今回のまとめでライフイベントについてストレスの度合いが分かったのでしたら幸いです。また、必要に応じて上記のストレス対処方法を参考にしてください。

今回のまとめに関する質問や感想がありましたらコメント欄までお願いします。もしも、ストレスに関してプロのカウンセリングを受けてみたいという方は、当相談室のカウンセリングをご利用下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする